« シヴィライゼーション4 | トップページ | シヴィライゼーション4:ローマ的戦略1 »

2011年9月 8日 (木)

シヴィライゼーション4:ローマらしく制覇勝利

シヴィライゼーション4、素人もいいところですが、効率プレイの定石はさておき(おいちゃダメだろw)、ちょっとやってみたいことが。

古代ローマ共和国(帝国)の国家運営を参考に、「ローマらしい戦略」で制覇勝利できるのか?という試みです。

 

そのためにまずは、シヴィライゼーションで「ローマらしい戦略」をどう表現するか、何をやって何を捨てるか、を考えようと思います。

★文明
もちろんローマ/カエサル。

★社会制度
・政治体制は、元老院での代議制から帝政(世襲統治、、、違和感あるが)へ。普通選挙は、ローマでは何事も市民集会での合意が必要だったので、使ってもいいかも。

・法制度は、封建制(主従制)でないのは明らか。また官僚のような行政の専門家はいなかった(元老院階級は、行政、政治、軍事をマルチにこなしてた)。強いていえば表現の自由か。

・労働制度は、もちろん奴隷制!そして奴隷解放も!ローマでは条件を満たせば解放奴隷として自由の身になれたのです。

・経済制度は、交易路は常に開いていた。自由市場が基本。

・宗教制度は、組織化や神権政治はありえない。平和主義でもないし。。。精霊崇拝と信教の自由しかないですねぇ。

★テクノロジーと戦略
テクノロジーの取得順と、その意図。

ピラミッド
 =採鉱→石工術
ローマといえば元老院だが、代議制には憲法が必要で序盤には不可能。
なんで、ピラミッドに頼ろう。

プラエトリアン
 =青銅器→鉄器
奴隷制導入。
鉄が取れたら、プラエトリアン!最強UUともいわれてるようで。これで隣国に攻め入りたい。まずは戦力を少しずつ生産。

カタパルト、水道橋
 =筆記→数学→建築学
ローマの戦争に攻城兵器は欠かせない。カタパルトの数が揃ったら、いざ出陣!手当たり次第?!
水道橋建てれば、街がよりローマらしくなるw

 

ここまではなるべく急いで。
この後は、戦争しつつ、順次ローマらしい技術を集めていこう。

 

ワイン
 =神秘主義→多神教→聖職→君主政治
ローマは多神教の国です。
君主政治はピラミッドがあるならいらないんだが、ローマにワインは欠かせない。

英雄叙事詩、劇場
 =アルファベット→文学→演劇
アルファベットは「ローマ字」ですw
英雄叙事詩=カエサルのガリア戦記、内戦記、ってことで。
劇場はローマの街ならかならず建っていた。

帆走→暦
なんたってカエサルがユリウス暦を開発したわけですからw

通貨
もちろんローマにも通貨はありました。

法律
人間の行動原則の正し手を、宗教に求めたユダヤ人。哲学に求めたギリシア人。法律に求めたローマ人。(ローマ人の物語1より)

言論の自由、信教の自由
 =哲学、官吏→紙→教育→自由主義
自由主義をこんなに時間かけて開発する以前に、ローマでは言論も信教も基本自由だったんですが。

奴隷解放、普通選挙
 =活版印刷、ナショナリズム→憲法→民主主義
ようやく奴隷を解放できます。ローマ的には奴隷「廃止」ではないんですが。条件を満たした奴隷を解放奴隷として自由することができました。

自由市場
 =封建制→ギルド→銀行制度→経済学
自由な流通って、こんなに時代が下がらないと成立しないのか。。。

 

、、、こんなところでしょうか。

これだけだと、なんとなく軍事技術が足りない気がするので、、、とても制覇勝利できなさそうですねw

とりあえずどうなるか、やってみますか!
難易度は下げるけどなwww

« シヴィライゼーション4 | トップページ | シヴィライゼーション4:ローマ的戦略1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1125856/41499650

この記事へのトラックバック一覧です: シヴィライゼーション4:ローマらしく制覇勝利:

« シヴィライゼーション4 | トップページ | シヴィライゼーション4:ローマ的戦略1 »

about me

  • MH4
    【HN】Marino(♀)
    【武器】 ハンマー、操虫棍、ヘヴィ
    【防具】 ガララ/キングロブスター←ケチャ
    【LINE】 marino1313
    【instagram】 marino_mh

instagram

2013年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ